MENU

保湿化粧水はニキビ肌にも必要?意外と知らない本当のニキビケア

保湿化粧水は美肌づくりの基本ですが、実はニキビ肌のお手入れにも保湿が大切なのはご存知ですか?「ニキビの時は肌をさっぱりさせておくもの」や、「皮脂はできるだけ取り除くもの」と思い込んでいる方も多いですね。保湿化粧水の選び方や重要性、そして実は多い間違ったニキビケアについても合わせてご紹介しますね。ぜひ一度見直してみてはいかがでしょうか。

ニキビには保湿が大事な理由とは

ニキビとは皮膚疾患のひとつで毛穴に発生する炎症のことです。何らかの原因で毛穴から皮脂がスムーズに排出することができずに毛穴に溜まってしまった状態です。皮脂が過剰に分泌されて毛穴を詰まらせるのもニキビの原因の一つです。

 

皮脂が詰まっていることと潤いを与える保湿とは関係ないように思われがちですが、しっかり保湿をすることで水分と皮脂のバランスは整えることができます。水分の皮脂のバランスが整えることは肌を正常な状態に近づけるのでニキビが落ち着きやすくなります。

 

ただ保湿のポイントは水分と油分のバランスを整えること。正しい保湿成分を与えることです。例えば保湿のために油分の多い美容液や乳液を使うことはニキビ肌には逆効果です。保湿化粧水の選び方も理解しておく必要があります。

思春期ニキビと大人ニキビ

同じようなニキビでも思春期に出来るニキビと大人になってから出来るニキビには違いがあります。ニキビの出来る原因が違うのであればケアの仕方や有効成分にも違いがあります。

思春期ニキビ

10代の思春期にできるニキビのことで、ホルモンバランスの関係で成長期に皮脂が過剰に分泌されることが主な原因です。成長のために成長ホルモンが活発に分泌され、皮脂腺を刺激することで皮脂量が増えます。そして皮脂が毛穴を詰まらせることでアクネ菌が繁殖しやすい状態となり、ニキビができやすくなります。皮脂分泌の多いTゾーンや頬に多いのが特徴です。

 

思春期ニキビの場合は皮脂量と水分量のバランスを保ち、肌を清潔に過ごすことが改善の近道です。

大人ニキビ

偏食、不規則な食生活、ストレス、睡眠不足、飲酒や喫煙、ホルモンバランスなどさまざまな要因があり、原因を特定できないのが特徴です。合わない化粧品や間違ったスキンケアなど原因が一人一人ちがう場合が多いです。

 

最大の要因として肌の生まれ変わるサイクル、ターンオーバーの乱れが大人ニキビには関わっていると見られています。肌代謝のサイクルが乱れることで肌が乾燥し、皮脂量と水分のバランスが崩れることでニキビができやすくなります。大人ニキビの場合はUゾーンや首筋に繰り返しできてしまうのが特徴です。

 

大人ニキビの場合はスキンケアや生活スタイルを見直し、生活全般を見直してストレスのない生活を送るなど長い目で見ながら改善を心がけることが大切です。

ニキビのために選ぶポイント

保湿成分

肌を守っている成分を与えることは肌への馴染みも良く、正しい保湿とも言えます。セラミドや天然保湿因子(NMF)は肌を守るバリア機能の役割を持っています。またセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどは肌の水分が蒸発しないようにつなぎ止める役割を持ちます。

 

オイルやアルコールの含有量

肌の水分を逃がさないためにオイルで保湿する方法もありますが、ニキビのある肌には向いていません。オイルフリーのタイプを選ぶようにしましょう。さっぱりタイプやニキビケア化粧品にはアルコール類やエタノールを多く含んでいるものがありますが、肌の水分まで蒸発させてしまう可能性があるので、乾燥しやすくなあります。また刺激も強いので敏感肌以外の方でもピリッとした感触や痛みを感じやすいです。

 

医薬部外品かどうか

医薬部外品とは医薬品ではないものの、一般的な化粧品より特定の効果が認められている薬用化粧品のことです。肌を整えてニキビを防ぐ効果が認められているので選ぶ基準にされると良いですね。

ニキビケアの注意点

  • 過剰な洗顔、熱すぎるお湯はNG
  • 肌には優しくふれる こと
  • 肌に触れるものは清潔に保つ

コットンを使うと化粧水をムラなく均一に顔に広げられるメリットがありますが、コットンで化粧水を付ける際にコットンの細かな繊維が肌の刺激になることもあります。肌が敏感な時やニキビがある時は手に化粧水をなじませて優しく塗布するようにします。パチパチ叩きながら付けている人がいますが、肌への刺激となることがあります。手の温度で化粧水を温めて、ハンドプレスでそっと押すようにしながら肌になじませて下さいね。

ニキビにNGな食べ物とは

「皮膚は最大の排泄器官」という言葉があるように、毛穴からは油に溶け出た脂溶性の老廃物を出しています。つまり揚げ物やスナック菓子など脂っこいものを食べた分、皮脂の分泌される量が増えてニキビの原因につながります。同様にインスタント食品やレトルト食品、ファーストフードの食べ過ぎも肌に影響します。炭水化物ばかり摂り過ぎず、野菜も多く摂り入れてバランスの良い食事をすることが大切です。

 

ですがバランスの良い食生活もなかなか大変なのもです。そこでおすすめなのが和食です。野菜も多く油分も少ないヘルシーな和食は世界中で注目されています。いつもより和食を増やすところから初めてみてはいかがでしょうか。

メニュー

このページの先頭へ