MENU

化学化粧品と無添加化粧品とオーガニック化粧品の使い分け方とは

化学化粧品のことをケミカル化粧品とも呼びますが、無添加化粧品やオーガニック化粧品と比べるとそんなに良くないものなのでしょうか?肌に優しいイメージのある無添加化粧品やオーガニック化粧品の考え方。そして化学化粧品のメリットやデメリットと合わせてまとめてみました。ぜひ一度お使いの化粧品と向き合ってみてはいかがでしょうか?

化学化粧品とは

化学化粧品とは化学合成成分が使用されている化粧品のことで、ケミカルコスメという呼び方もされますね。今までにもあるような一般的な化粧品のほとんどはケミカルコスメです。

 

化学化粧品の特徴は使い勝手や使用感の良さや買いやすい価格で作ることもできます。化学成分で調整できるので言ってみれば、ある程度メーカー側の自由に作ることの出来る化粧品です。今まで使ってきた化粧品のことなのである程度はイメージできますね。大まかにまとめてみますと、

メリット

  • 価格帯を選ぶことができる
  • 使いやすい
  • 付け心地が良い
  • 品質が安定している
  • ある程度長い期間使うことができる

デメリット

  • 肌が乾燥しやすくなる
  • 敏感肌になりやすい

これだけみるとデメリットは少ないように見えますが、肌が不安定になったり肌トラブルを起こすなど、一見特定しにくい肌の悩みの要因になっている場合も多いです。

 

例えば化学化粧品によく使われている界面活性剤は洗浄力が強く肌に必要な皮脂まで落とすので乾燥や肌荒れの原因になります。また化粧品や美容液に使われている有効成分には浸透させるために肌を守るバリア機能を破壊して浸透させているものもあります。

 

コストも抑えることができ、使いやすいよう都合よく作られている化学化粧品では肌が弱くなってしまうという考え方もあります。自分自身にとって納得できるコスメ選びをすることが大切ですね。

無添加化粧品とはオーガニック化粧品のこと?

無添加化粧品とオーガニック化粧品はまったくの別物ですが、肌に良さそうなイメージから同じ物と思っている方も多いですね。両者の違いから化粧品の考え方をおさらいしてみましょう。

 

オーガニック化粧品と言えば天然成分で作られて余計な成分が含まれていない化粧品。そのため無添加化粧品同じ意味と考えてしまう方もいらっしゃいますね。オーガニック化粧品とは化学肥料や農薬などを一切使わないで栽培された植物成分で作られた化粧品のことです。大まかな定義として化学成分を使用していないものを示すので、ある意味無添加化粧品とも言えます。

 

一方の無添加化粧品と称している化粧品の意味するものは、厚生労働省が指定した肌に影響を及ぼす成分を含んでいない化粧品のことです。厚生労働省ではアレルギーの危険性が認められる102種類の化学成分を表示指定成分と定めています。これらの成分を含む場合は表示する義務があります。

 

そのため無添加化粧品や無添加処方とは表示指定成分を含んでいないだけなので、化学化粧品に分類されます。オーガニック化粧品の定義には当てはまりません。

オーガニック化粧品なら大丈夫?

化学肥料や化学成分を使用していない天然由来成分のオーガニック化粧品ならかならず大丈夫ともいきませんね。オーガニックコスメで効果を感じられなかったり、肌荒れを起こす方も効く話です。それはオーガニックコスメに明確な基準がないことが関係しています。

 

オーガニックの食品や製品には有機JAS規格でオーガニックの認定を受けることはできますが、化粧品に関しては国内には認証機関が存在しません。そのためメーカーの判断でオーガニック化粧品やオーガニック成分使用などと記載することができるのです。

 

しっかりとした基準のある海外製のオーガニック化粧品でも、日本人の肌に合わない場合もあるので、成分表やオーガニックの考え方もチェックしてから試してみて下さい。どの化粧品にも言えることですが、肌のことを考えてオーガニック化粧品を試してみたいなら、含まれている成分や効果についてしっかりと調べてから選ぶ必要があるのです。

自然派化粧品について

オーガニック化粧品と自然派化粧品も同じようなイメージがありますが、自然派化粧品にも明確な基準はありません。わずかな天然由来成分を含んでいる化学化粧品もたくさん存在します。もちろん天然成分だけで作られた誠実な自然派化粧品のメーカーもあります。そのあたりはメーカーの広告やカタログ、口コミなどから判断してみて下さい。

 

ただ、オーガニック化粧品と同様に天然成分の持つパワーはとても強く、成分構造が複雑なので肌に合わない場合や、刺激となることもあります。自然派化粧品もオーガニック化粧品も肌に優しい化粧品とは限りません。どんなに評価の高いものでも個人差のあるものなので、実際に試してみて判断することになります。

 

化学化粧品、無添加化粧品、オーガニック化粧品についての考え方が分かってくるとイメージだけで簡単に選んではいけないことがわかりますね。使い勝手のいい化学化粧品でも肌に問題がなければ、無理に変える必要はありませんし、デメリットも把握しリスクを避けた安全な試し方ができれば、肌トラブルを起こすことなく化粧品選びができます。この機会にぜひ化粧品と本気で向き合ってみませんか?きっとご自身にあるものを見つけることができますよ。

メニュー

このページの先頭へ