MENU

日焼け対策を食べ物でする方法とは?NGな食べ物もチェック!

日焼け対策と言えば紫外線から肌を守ることが浮かびますが、紫外線の影響を受ける肌とは食事からも作られています。日焼け止めや美白化粧品など外側のケアばかりに目を向けがちですが、身体の外側と内側の両方から働きかけることが効果を上げることにつながります。日焼け対策になる食べ物や有効成分をご紹介しますね。効率の良い新しい日焼け対策をはじめてみませんか?

日焼けに効く食べ物や飲み物

日焼け対策に効果的な食べ物とは、シミを予防する食べ物と日焼けしてしまった肌の回復に働きかける食べ物です。それぞれの栄養素の働きと合わせてご紹介しますね。

 

ビタミンC

美肌に欠かせないビタミンCにはシミやそばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きがあります。このほかに肌のハリや潤いにも欠かせないコラーゲンやエラスチンの生成を促す働きもあるので紫外線にも負けない肌作りをサポートします。

 

多く含まれている食べ物:イチゴ、柑きつ類、芋類、大根、海苔、ピーマン、アセロラ など。

 

ビタミンE

抗酸化作用を持つ栄養素で、メラニンの生成を促している活性酸素に直接的に働きかけます。肌の老化にも効果的です。また肌の代謝を促すので日焼けした肌の回復としても利用できます。

 

多く含まれている食べ物:緑黄色野菜、胚芽米、玄米、植物油、豆類、サンマ、ナッツ類など。

 

ビタミンA

抗酸化作用を持つ栄養素で、コラーゲン生成の促進にも作用していることがわかってきています。生理中にひどい日焼けをしてしまうことが知られていますが、生理中にビタミンAが減少していることが関係しています。

 

多く含まれている食べ物:うなぎ、卵黄、バター、かぼちゃなど。

 

ビタミンB2

免疫力を高める働きのあるビタミンB2には肌の新陳代謝を活発にする効果を期待できます。また日焼けした時は普段より多く消費されるので、いつもより多く摂取したい栄養素です。

 

多く含まれている食べ物:レバー、うなぎ、納豆、牛乳など。

 

リコピン

リコピンの抗酸化作用はビタミンEの数百倍とも言われています。メラニンを生成する働きのあるチロシナーゼを抑える作用があります。日焼け前の予防として、日焼け後の回復にも効果的です。

 

多く含まれている食べ物:トマト、スイカ、グレープフルーツなど。

 

アスタキサンチン

美容液にも使われる美白成分としても有効なアスタキサンチンにも強い抗酸化作用があることで知られています。

 

多く含まれている食べ物:桜エビ、鮭、カニ、イクラなど。

日焼けにNGな食べ物とは

日焼け防止や回復に効果的な食べ物がありますが、摂取することで日焼けしやすくなる逆効果な食べ物もあります。食べる日焼け止めの効果を高めるためにも知っておきましょう。

 

ソラレンを含む食べ物

聞き慣れない言葉ですが、ソラレンとは光毒性物質と呼ばれる成分で紫外線の吸収を良くする効能があります。紫外線を浴びた時、過剰に過敏に反応して肌にダメージを与えてしまう物質です。

ソラレンを多く含む食べ物

  • レモンなどの柑橘類
  • きゅうり
  • セロリ
  • シソ
  • キウイ
  • アセロラ

こうしてみると肌に良さそうな食べ物ばかりです。実はソラレンを多く含む食べ物にはビタミンCを多く含む食べ物が数多くあります。肌に良い食べ物とNGな食べ物の両方に含まれるのは矛盾していますね。

 

そこでポイントは食べる時間帯を考えることです。朝食などにソラレンを含むものを食べてから外出すると日焼けを悪化させてしまう可能性が高くなります。日中の屋外で食べるのも当然NGです。

 

そこで夕食や食後のデザートに食べることがおすすめです。ミネラルやビタミンが豊富な食べ物ばかりなので、夜食べることで日焼けしてしまった肌の回復にも役立つ食材です。知っているのといないのでは、大きな差が生まれそうです。

アルコール

肝臓とはシミの元となるメラニン色素を排出させる器官ですが、アルコールを摂取すると肝臓に負担にかけます。この状態で紫外線を浴びるといつも以上にシミができやすくなります。

 

また血管を無理に広げて、血行を促進させる働きがあるので日焼けによる炎症を起こしやすくなります。キャンプや海で炎天下の下、真っ赤に日焼けしてしまった経験は誰にでもあるのではないでしょうか。実はアルコールが原因なのです。

 

暑い季節の屋外でのビールは最高ですが、日焼けを考えるならグッと我慢した方が良さそうですね。

食品添加物

食品添加物が多く含まれている食べ物ばかり食べていると活性酸素が多く排出されます。 活性酸素が老化を促進させていることが知られていますが、肌の新陳代謝の妨げにもなっています。 防腐剤や人工甘味料の成分には皮膚が紫外線に過敏に反応してシミができやすくなります。これらの食品添加物はインスタント食品や冷凍食品、ファストフードなどに多く含まれています。

 

手軽でとても便利な食品ですが、日焼けだけでなく健康面から考えても出来るだけ控えた方が良さそうです。

 

地球に降りそそぐ紫外線の量は、年々増えている傾向にあります。そのため年齢や性別を問わず日焼け対策とは当たり前になりつつあります。ですが地上に届く紫外線が強烈になるほど日よけや日焼け止めを塗るような外側の対策だけでは防ぎきることはできません。身体の内側と両方の対策を取ることで肌も健康も守ることができますよ。

メニュー

このページの先頭へ