MENU

オーガニックは意味がない?良いコスメに出会うためにできること

オーガニックの意味とは有機栽培のこと。食べ物に衣料、コスメにシャンプーなどオーガニックの名の付く商品は溢れているのに、その意味だけではピンとこないのではないでしょうか?身体に良いものを選びたいと考えている方は多く、とりあえず選んでいる方も多いです。オーガニックの本当の意味を理解すると商品の選び方も変わりますよ。

オーガニックって?

オーガニックを直訳すると有機のという意味になりますが、有機栽培のことを示します。この有機栽培とは化学肥料や農薬などに頼らず有機肥料と土壌を活かした栽培のことです。薬品や化学的成分などを含まないで自然の恵みを生かしたものから作られた製品なら確かに身体に良さそうなイメージがありますね。

 

この良いイメージから注目を集めることができるので、オーガニックの名のつく製品が多く生まれているのではないでしょうか。ですが商品によってはオーガニックの基準とは意外と複雑なので、利用する私たち消費者の選び方で大きく変わります。

オーガニックの定義とは

フランスの「エコサート」、ドイツの「デメター」などヨーロッパをはじめとして古くからオーガニックに関心の高い各国で認証機関が存在します。そして日本国内の定義としては農林水産省が実施している有機JAS認定がオーガニックの基準と考えると良いですね。

有機JAS認定の主な基準

  • 3年間農薬や化学肥料を使用しない土地で栽培
  • 化学合成農薬や化学肥料は原則使用しない
  • 遺伝子組み換え原材料は使用しない
  • 放射線照射はしない
  • 合成添加物の使用制限

オーガニックの作物を作るのには、2〜3年前から化学肥料などを使っていない土壌でなければなりません。もちろん種や苗も有機栽培で作られたものを使います。オーガニックにこれだけ厳しい基準があるのなら大きな安心感を得ることができますね。

オーガニック認定は絶対安全?

オーガニックの認定を受けていれば、完全に安全・安心が保証されるわけではありません。例えば海外の認証機関ですが、各国によって判断基準にはバラつきがあります。また日本国内で認められていない添加物等が認められている場合もあります。日本人の体質に合わない場合もあるのです。

 

そして有機JAS認定でも、安全性の高いものですが決められた農薬であれば使うことが許可されています。このような抜け道があるのなら、完全に化学薬品を排除したものを選ぶことは難しくなります。

オーガニックコスメについての考え方

食品や製品としてはオーガニックの基準がありますが、国内にはオーガニックコスメの認証機関はないので明確な基準がありません。そのためメーカーによる独自の基準に頼ることとなります。

 

基準も罰則もないので自由にオーガニックと名乗ることができてしまいます。たとえ一種類でも、わずかな量でもオーガニック成分を使っているだけでオーガニック成分配合とうたっている商品も実はたくさんあるのです。

 

オーガニックと記載されている商品でも一般的な化学成分コスメと同じようにたくさんの添加物が入ってるものを肌に優しいとは言えませんね。どんなコスメでも同じことが言えますが、肌に不安があるのなら日頃から成分表をチェックして含まれている添加物や有効成分を確認しておきましょう。

オーガニックコスメは肌に優しい?

肌に優しいイメージのあるオーガニックコスメですが、口コミや感想を見てみると、「肌に合わなかった」「肌荒れを起こしてしまった」という意見を見かけることがありますね。どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?

 

天然由来成分とは強い作用を持つも成分もたくさんあります。オーガニックとは化学薬品で調整されていないので、刺激が強いものも存在します。また植物成分をダイレクトに取り入れるのでアレルギーを引き起こしやすくなります。肌の弱い方や敏感肌の方は注意が必要なコスメなのです。

 

また海外製品には国内では注意が必要な添加物が使われている場合があるので、肌に不安のある方やはじめてオーガニックコスメを試す方は日本人の肌に合わせた国内製品の方がリスクを避けられます。

オーガニックコスメの選び方

肌に良いと考えていたオーガニックコスメについて考えていくと意外とネガティブな部分が目立ちますがオーガニックとしてこだわって作り自信のあるコスメを販売している誠実なメーカーもたくさんあります。

 

メーカーを選ぶにはホームページやカタログを見て企業の考え方やこだわりに触れてみて下さい。そして使われている成分について関心を持つことも大切です。肌や環境に良いものに関心が高まっていることで品質の高い国内産のオーガニック製品も数多く見かけるようになりました。良いものを選びやすくなっていると言えますね。

 

オーガニックコスメの考え方について把握しておけば、誤った使い方や過度な期待をすることなく商品について冷静に向き合うことができるのではないでしょうか。商品の良い点やアピールポイントを企業に任せるだけでなく、肌に合わなかった場合でも企業のせいにするだけでなく、選ぶ側も責任を持ち自分の肌は自分で守ることです。考えて選ぶことが大切です。しっかり選ぶと今現在の肌の悩みやご自身の目指す美しい肌のケアに合う商品をきっと見つけることができますよ。

メニュー

このページの先頭へ