MENU

シミ消し化粧品には効果ある?大切なのはタイプを知ること

シミ消し化粧品は数多く出回っていますが、本当に効果があるのか気になりますね。実はシミ消し化粧品で消すことのできるシミと消すことの出来ないシミがあるのはご存知でしょうか?シミの種類やそれに合わせた対処方法、そして化粧品以外で気るシミ対策も合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

シミの種類で対処法は違う?

 

シミとは肌に目立つ茶色っぽい斑点のようなものと考えている方も多いですが、実は原因も性質にもそれぞれ違いがあります。医学的に見て6つに分類できるシミを、シミ消し化粧品で効果のあるものとないものとで分けてご紹介しますね。

シミ消し化粧品の効果が期待できるもの

老人性色素班

一般的なシミで大半はこのタイプです。紫外線のダメージが原因で、表皮にある出来始めの薄いシミには化粧品の効果が期待できます。濃くなってしまったものはレーザー治療などが有効です。

炎症性色素沈着

ひっかき傷、ニキビ跡、虫刺されなど、肌に起こった炎症がそのままシミとなって残るタイプです。自然に治ることもありますが、消えるまでに数年かかります。ターンオーバーを促進させるなど化粧品の効果が期待できます。

肝斑(かんぱん)

頬骨あたりに左右対称にできるシミで、薄く広範囲に広がります。化粧品の効果も期待できますが、トラネキサム酸による飲み薬での治療の方が効果的です。

シミ消し化粧品の効果が期待できないもの

そばかす

そばかすもシミの一種です。遺伝的なもので紫外線で濃くなることもあります。化粧品の効果はあまり期待できない場合が多く、レーザー治療の方が有効です。

脂漏性角化症

老人性色素班がイボのように分厚く盛り上がったシミ。年齢とともにできやすくなります。皮膚の構造が変化しているので美白成分では効かず、レーザー治療や液体窒素による治療が有効です。

花弁状色素班

背中や肩にできる小さく広範囲のシミ。紫外線による日焼けが原因です。日焼けをしてから数年後で現れることも。美白成分では効かずレーザー治療の方が確実です。

 

化粧品で改善できないシミの場合は専門医に相談しましょう。ですがセルフケアで改善が期待できるシミもあることがわかりましたね。

シミに効果的なセルフケアとは

シミ消し化粧品で効果がなかったという意見もよく聞きますが、正しいセルフケアを知っていればストレスに感じることなくお手入れに取り組むことができます。シミの構造や肌のメカニズムについてもおさらいをしておきましょう。

効果が出始める時期とは

シミ消し化粧品に即効性を求めている方が多いですが、化粧品は薬とは違うので効果を発揮するのはとてもゆるやかです。効果が出始める目安は肌が生まれ変わるサイクルから考えます。

 

一般的に肌は28日で少しずつターンオーバーしています。このサイクルに化粧品の有効成分で働きかけながら肌に負担をかけず無理なく生まれ変わるには、半年ぐらいを1つの目安してみて下さい。

 

長く感じますが、即効性のある薬には副作用が存在しますね。無理に効果を上げるような強力な成分では肌への刺激も強くなります。肌を少しずつ改善させていくように長い目で取り組む気持ちを持つことが大切です。

内側と外側の両方で考える

シミ消し化粧品の働きとは主に2つあり、ターンオーバーを促して新しい肌を繰り返し作ることでシミを薄くさせる作用と、シミを作る構造に働きかけてメラニンを出来にくくさせる作用です。ですが外側から化粧品を塗り込むだけでは効果を上げることができません。

 

加齢にストレス、偏った食事などでターンオーバーの周期は長くなり、古い角質がなかなか落ちずシミが消えにくくなります。健康とは程遠い生活も簡単に肌へ影響を与えます。シミだけに限らず美肌には身体の内側と外側の両方が必要です。

シミに効果的な食材

キレイな肌は食事からでも作ることができます。シミ予防にも良いといわれる栄養素と食材です。手軽に手に入るものばかりなので、毎日の食事にぜひ摂り入れて下さいね。

  • ビタミンC  緑黄色野菜、柑橘類、キウイなど
  • L-システイン 大豆、はちみつ、牛乳、チーズ、青魚など
  • アスタキサンチン 桜エビ、紅鮭、いくらなど
  • リコピン トマト、スイカ、グレープフルーツなど

シミに効果的なサプリ

食事から栄養素を摂り入れることが理想的ですが、完璧な献立は難しいですし、食事から摂るのが難しい栄養素もあります。そんな時はサプリメントを活用しましょう。

  • ビタミンC
  • L-システイン
  • トラネキサム酸
  • プラセンタエキス

シミ消し化粧品や美白化粧品にも良く含まれている成分ばかりですね。

レーザー治療について

濃すぎるシミや、シミ取り化粧品で取ることの出来ないシミにはレーザー治療が確実です。一つの方法として考えておくと良いですね。シミにレーザーを照射してメラニン色素の細胞だけ破壊します。施術後直後は炎症を起こしカサブタになりますが、その後時間をかけて新しい皮膚が形成されます。

 

シミを取り去ることはできますが、バリア機能の低下した無防備な状態なのでシミのできやすい肌とも言えます。治療後はしっかりと紫外線対策を取ることが大切です。

 

効果があるのか迷ってしあうシミ取り化粧品ですが、正しい使い方であれば満足できる効果を上げることが出来ます。ぜひきれいな肌を取り戻して下さいね。

メニュー

このページの先頭へ