MENU

敏感肌の日焼け止めの正しい選び方とは 化粧下地とどっちが先?

敏感肌だからこそ、紫外線から肌を守る日焼け止めはとても大切ですね。ですが日焼け止めには刺激の強いものが多く、肌荒れを起こす方や選び方に迷っている方お多いのではないでしょうか?日焼け止めの成分にも様々な種類があるので選び方を知っていれば肌に優しい日焼け止めを探すことはできますよ。また日焼け止めの使う順番などもご紹介しますね。

敏感肌でも使える肌に優しい日焼け止めとは

敏感肌の方や肌に優しい日焼け止めをお探しの方はノンケミカルタイプの日焼け止めを選ぶことをおすすめします。日焼け止めとして紫外線をカットする効果のあるものには大きく分けると「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。

紫外線吸収剤

主な原料は石油由来の化学物質で、肌の表面で紫外線を吸収しエネルギーに変えて放出するので肌に侵入するのを防ぐ働きがあります。紫外線の防御力は高く無色透明で塗り心地も良いので日焼け止めとしては優秀な物質です。

 

防御力が優れている分、肌への刺激も強くなります。ですが最近では肌への刺激を抑えた紫外線吸収剤も出ているので、含まれている成分はしっかり確認したいですね。

紫外線散乱剤

肌の上で紫外線を反射させたり散乱させて紫外線から肌を守ります。酸化チタンや酸化亜鉛といった自然由来の成分を使用していることで、ノンケミカルタイプとも呼ばれています。

 

白浮きや塗りムラ、つけ心地の良さは紫外線吸収剤には劣りますが肌に優しいので敏感肌の方にもおすすめの日焼け止めです。肌荒れは起こしにくい方ですが、どうしても乾燥しやすくなるのでしっかり保湿はしましょう。

 

「ノンケミカル」や「紫外線吸収剤フリー」という表示があるものを選ぶ基準とすると良いですね。また子供向けの日焼け止めもおすすめです。最近はお子さんの日焼けを気にされる方も多く、子供向けの日焼け止めは豊富な種類が揃っています。子供向けの製品にはバリア機能の低い肌にも使えるので敏感肌の方でも安心して使えますよ。

数値が高ければ安心ではない?

日焼け止めには必ずSPFの値やPA++などが表記されていますが、数値の高さだけ基準として選んでいると無駄に肌へ負担をかけている可能性もあります。肌への優しさを考えるならSPFやPA++について理解しておきましょう。

SPFとは?

紫外線を浴びてから肌が日焼けし始めるまでの時間をどれだけ延ばせるかを表しています。例えばSPF1の効果とは日焼け止めを塗っていない肌と比べて日焼けを20〜25分遅らせることができます。

 

日本ではSPF50が最高値ですが、この数値を同じように時間で計算すると30時間弱の日焼けを遅らせることになります。日中の紫外線で日焼けをする合計時間をはるかに越えています。日常生活ならSPF20から30程度で十分です。

 

数値が高いほど肌への負担も大きくなるので、肌の刺激が気になる方は数値の低いものをこまめに塗り直すことの方が紫外線対策もしっかりでき、肌に負担をかけない方法です。

PAとは?

PA値とは肌の奥深くまで届き、シワやたるみなど肌トラブルの原因となる紫外線A波をどれだけ防御できるかを表しています。+の数が多いほど肌を黒くする紫外線Aから肌を守る効果が高いということになります。この紫外線A波とは年中安定して降り注いでいる紫外線です。年間を通して紫外線対策をしておきたいですね。

敏感肌に大切なパッチテスト

敏感肌の方は肌トラブルを起こす可能性も個人差が大きいので、日焼け止めを選ぶ前には必ずパッチテストを行ってリスクを避けて下さいね。ここでパッチテストについておさらいをしておきましょう。意外と知らないのではないでしょうか。

パッチテストの方法

  1. 入浴後など清潔な肌の二の腕の内側に10円玉程度の日焼け止めを塗る
  2. 24時間肌の経過を観察します。かゆみや赤みなどがないかを確認します
  3. 特に変化が無ければ使うことの出来る日焼け止めです

これは日焼け止めに限らずどの化粧品でも同じ方法です。化粧品選びに慎重な敏感肌の方は新しく化粧品を試す時などに活用して下さいね。

日焼け止めと化粧下地について

日焼け止めと化粧下地。どちらから塗ればいいのか迷う方も多いですが、順番を間違えるとお互いの効果を半減させることにもなります。順番としては日焼け止めを塗ってから化粧下地を塗ります。化粧下地とは化粧ノリを良くさせるものなのでメイクの直前に塗るものになります。

 

日焼け止め効果のある化粧下地も多く見かけますが、しっかり紫外線対策をしたい時は日焼け止めと化粧下地の両方を使うことが効果的です。肌への負担を抑えたいなら日焼け止めと下地が一緒になったタイプを使うと負担を軽減させることができます。

 

紫外線も肌にダメージを与える大きな要因なので、片方だけで良いのか両方使うかは状況に合わせて使い分けると良いですね。また日焼け止めを塗った後は肌に馴染ませるため少し時間をおいてから化粧下地に取り掛かると、ムラなく仕上がりが良くなります。

 

日焼け止めの使い方とはTPOに合わせて使い分けることが効果的な紫外線対策になりますし、肌への負担の軽減も実現できますね。ぜひ日焼け止めの使い方の参考になさって下さいね。

メニュー

このページの先頭へ